フィンペシア激安販売!プロペシアと同効果で割安

フィンペシア激安通販・販売

フィンペシアとは

未だ特許が有効であるということから、フィンペシアとはコピー版のプロペシアとされています。
フィンペシアとは、インド製のプロペシアのジェネリックでして、非常に安価に購入する事が可能になっています。

フィンペシアとは、シプラ社が製造販売を行っています、プロペシアと同じくフィナステリドという有効成分が利用されています。

フィンペシアの通販サイトは、こちら↓

お薬館

インドでも3番目から4番目に位置する製薬会社には、プロペシアを製造販売しているシプラ社が存在します。

1935年に、シプラ社はインドにて設立されまして、こちらの製薬会社では、HIV治療薬・抗生物質・抗がん剤といった医薬品の製造販売も行われています。

売上高1,700億円(2012年~2013年)を誇りまして、今後も、さらなる成長が見込まれています。

フィンペシアについて、少々疑問に感じられる事には、なぜ、インドでは、プロペシアと有効成分の同じフィンペシアを販売できるのか??
プロペシアの特許権が切れていないにもかかわらず、と思われるかもしれません。

このプロペシアジェネリックに関してですが、日本では医師が処方はできないようになっています。
医師が処方可能なAGA治療薬とは、プロペシアのみとなっています。

個人輸入代行サイトを利用すれば、プロペシアジェネリック・フィンペシアを手に入れる事ができるようになっていまして、日本国内にてプロペシアに費やす、おおよそ、10分の1程度にて、より安価にAGA治療薬の購入が可能になっています。

個人輸入代行サイトの利用には、一定のリスクがあるとはいえ、上記の点を踏まえれば、利用したくなるものでしょう。

また、フィンペシアに関しては、正規ルートなるものが一切存在しないとされています。

なので、フィンペシアに関しては、紛い物が混入しているリスクというものは、どうしても排除することはできないようになっています。

近年は、安心して購入させようとするたむに、薬監証明というものを、関東厚生局に発給してもらっているという事がよく見られます。
しかし、この薬監証明自体に関しては、そのフィンペシアが正規品である事と、一切関係はありません。

現在では非承認のフィンペシアではなく、東和医薬品や沢井製薬などによって製造されたプロペシアジェネリック、厚労省からしっかりと承認を受けたジェネリック医薬品が発売されるようになっています。

一昔前と比較すれば、40パーセントオフ程度にて、処方がもちろん合法的に受けられるようになっています。

非正規のフィンペシアではなく、厚労省承認のプロペシアジェネリックの方が、安全性は高いとみる事ができます。

先発薬のプロペシアと比較すれば、価格が下がってきているということから、最近はファイザーのジェネリックを利用される方も多数確認されるようになっています。

個人輸入によってプロペシアを手に入れる事ができた人は、そちらの商品を医療機関に持ち込んでいるという方もいらっしゃいます。

フィンペシアの効果・効能

フィンペシアについてですが、こちらのAGA治療薬がインドにて製造された本物である場合には、プロペシアと基本的な作用機序に関しては違いなどはありません。

ジヒドロテストステロンとはAGAを引き起こすとされていまして、これは5α還元酵素が変換される事によって生まれます。
プロペシアと同じく、フィンペシアには、5α還元酵素阻害作用が認められています。
なので、フィンペシアにも同じく、プロペシアと同じように、AGAへの効果はしっかりと認められます。

しかし、プロペシアと同様に、フィンペシアによって最適な効果を得られるまでには、最短でも3カ月はかかるとされているのです。

根気が必要になってきます。
ちょっと利用しただけで、あまり効果がないやと止めてしまうのは、もったいないと言えます。

フィンペシアやプロペシアを服用しようというのであれば、一年単位での服用を覚悟するといった方が良いかもしれません。
しかしです、それをしっかりと実行したとしても、髪の毛が増えたという明白な実感は持てないでいる事も珍しくはないのです。

髪が新たに増えるというのはではなく、現状維持である事が多いのですが、2、3年という単位で継続的に服用された場合には、合計で40パーセントの改善率が示されています。

過度の期待はしないで、継続的に我慢強く服用する事が求められるので、すぐに明白な効果を求めるという人には、もどかしい商品になる事があります。

フィンペシア服用における注意点

基本的には、フィンペシアが正規品である場合には、先発薬と全く同じ効果効能が期待できるようになっています。
ただ近年、偽物の出回っているという状況から、一定の注意は払うべきです。

・基本的にはジュースや、お茶など、何で服用しても良いですが、毎日1錠服用することを忘れないようにしましょう。

・子供や女性は服用ができない事になっていますので、子供の手の届かないところで管理すべきです。

・関係のない方もいらっしゃるかもしれませんが、この商品を服用して一カ月経過しなければ、献血を行う事ができないです。

・フィナステリドを服用していること、前立腺癌の検査を受ける際には、医師に伝えるべきです。
フィナステリドの服用中は、PSAの値を低下させてしまうからです。

・服用してから直ぐに効果が発現されるようになるのではなく、実際に効果が確認されるには、最低でも半年は見た方が良い。

・男性型脱毛症の進行とは、フィナステリド服用をストップすれば、再び再開される。

・錠剤を分割して服用することは、禁止されている。

・安全性は成人の男性のみ認められていますので、男性であっても、未成年は服用すべきでない。

・フィンペシアには関しては、国内の承認を受けていないので、偽物であるリスクが存在する、海外の個人輸入代行サイトを利用するのみとなっています。
重い副作用が確認される場合もありますが、救済制度などを受けることはできない、この点は忘れないでおきたい。

・FDAや日本の厚労省でも、ミノキシジルタブレットの承認は未だ下りていないので、フィンペシアとの併用はオススメできないです。
一方で、ミノキシジル含有のリアップやロゲインに関しては、日本・アメリカともに認可されています。

どうしてインドでは国際特許が切れていないのにジェネリックが存在するのか?

日本では国際特許が残っている先発薬のジェネリック医薬品の製造や販売をすることは、現在、禁止されています。
しかし、インドでは、少し状況が異なってきます。
というのも、インドでは、物質特許に関して、2005年までは明確に定められていなかったのです。
なので、2005年以前から存在する医薬品に関しては、特許保有メーカーに一定の費用を支払う事によって、ジェネリック医薬品の開発が認められるという事が、理由の1つとされています。

しかし、上記の理由とは、最大の理由ではありません。
国際的には認められていないジェネリック医薬品の開発ですが、インドやタイなどの発展途上国には、フィンペシアのようなジェネリック医薬品の存在というものが、とても重要となってくるからなのです。

国境なき医師団という言葉を、聞いたことはありますか??

端的に、主に発展途上国にて、紛争や自然災害によって、病気や怪我を負ったとしても、十分な治療を受けられない患者さんの、治療活動をサポートする非営利団体のことを指します。

また、発展途上国におきましては、HIV感染も非常に多く確認されていまして、それらの治療も、国境なき医師団の治療対象だとされています。

現在、国境なき医師団の使用する大部分の治療薬に関しては、インドのジェネリック医薬品が利用されています。

HIV治療薬・抗生物質とは、安価なインド製のジェネリック医薬品が利用されていまして、全体として、かかるコストというものを、かなりの割合で引き下げる事が可能になるのです。

特にHIVなどの治療に関しては、治療は早いに越した事がないので、インド製ジェネリック医薬品の利用によって無理なく、早期の治療を施すようにされてください。

このような治療を施す時に、日本と同様の先発薬による治療をしていたとしたら、治療にかかるコストとは、膨大なものになっつしまいます。
とてもじゃありませんが、非営利団体の資金力で、全てを賄うということはできないのです。

原則、2005年以前の医薬品を対象としていますが、このケースでは、慈善事業絡みなので、先発メーカーが結果的には妥協しています。

フィンペシアで使用されているキノリンイエローは体に害があるのか?

タール色素・コーティング剤に黄色203号(キノリンイエローWS)がフィンペシアには、以下のような噂が広まりました。
それは、このタール色素が、人体に害を及ぼすだけでなく、発がん性物質でもあるとの噂です。

また、欧州におきましては、キノリンイエローを含む合成着色料に関して、自主規制を行った事が影響したのではないでしょうか??
キノリンイエローによって、子供の多機能障害や注意欠陥障害が増加するとされました。

しかし、日本において、上記のようなタール色素を含むコーティング剤の使用は認められています。
毎日使用するような医薬品であったとしても、極微量なものでしたら、大きな悪影響は与えないとされているのです。

しかしです、毎日一錠使用するフィンペシアですから、患者さんの立場に立てば、不安感というものは隠せないでしょう。
インドに本社を置くシプラ社としても、この事が売り上げを大きく左右することはあってはならないので、現在のフィンペシアには、キノリンイエローは不使用とされています。

コメントを残す