医薬品の個人輸入とは?合法?便利?

医薬品の個人輸入

医薬品の個人輸入について、ご紹介させて頂くようにします

厚生労働省が安全性をしっかりと認めた医薬品が現在、日本にて流通している医薬品となっています。
認可に関しては、国内についてですので、海外では状況が異なるという事がよくあります。
海外のドラッグストアに関しては、日本にて未発売の医薬品を発売されているという事がよくあります。

医薬品・睡眠薬の個人輸入は、こちら↓

お薬館

日本の病院では処方してもらう事が不可能であったとしても、海外では普通に普及している医薬品は多数存在しているのです。

しかしながら、薬事法を参照すれば、個人輸入という形によって、海外の医薬品を通販感覚にて気軽に手にする事ができるようになっているのです。

シンプルに言うと、海外における、メーカーや、お店・企業から、医薬品をダイレクトに購入するという事になっています。

日本にて認可されている医薬品は当然、購入する事ができるようになっています。
また、多くの海外の一般的に認可され、発売されている商品はしっかりと購入できるようになっています。

しかしながら、そこには、言語の壁というものがありまして、直接メーカーと連絡を取り合う時には、海外の個人輸入代行業者を利用する事が一般的となっているのです。

ネット上に存在する日本人向けの個人輸入代行業者とは、全て、日本語表記となっていまして、日本人の方で海外の医薬品が欲しいという人にはぴったりでしょう。

この輸入代行業者に関しては、あくまで、海外の医薬品の個人輸入の代行を行うのみとなっているのです。
なので、ご自身が希望する医薬品の、専門的な事について、直接聞くような事はできないようになっています。

医薬品の個人輸入と薬事法・医薬品医療機器法

厚生労働省におきまして、薬事法のルールを定めています。
薬事法では、ルール・認可について定めていまして、海外にて一般的な医薬品の個人輸入に関しても、しっかりと定められているのです。
日本にて販売や処方がされていない医薬品であったとしても、個人レベルでの利用目的・定められた数量の注文であれば、何ら問題はなく手に入れられるようになっているのです。

個人輸入とは複雑に考えられているかも、実は簡単に行う事ができるようになっていまして、そのためにも、幾つかのルールをしっかりと厳守するようにしましょう。

ルールに関しては、個人での利用を目的としており、予め決められた数量を厳守する事となります。

上記のことさえ守っていれば、それほど、複雑であるという事もないのです。

実に簡単に、海外医薬品の個人輸入とはできるようになっています、

• 処方せん薬 ならば、1ヶ月分以内、
医薬品や医薬部外品 ならば、2ヵ月分以内と定められています。

しかし、病院処方と少し違う部分がありまして、一錠単位にて、薬を手に入れる事ができるようになっているわけではないのです。

一錠単位ではなく、業者側の都合によって、箱単位やバラ売りなどをしている事が一般的とされているのです。

加えて、個人輸入に関しては、本人が個人的に利用する目的に限るとされていますので、宛先名を私情によって、会社名などにしてしまえば、税関で通らないという事が十分に出てきます。

しかし、安心しましょう。
薬事法によって定められている、基本的なルールさえ厳守していれば、安心安全に行う事ができるようになっているのです。

医薬品の個人輸入のメリット・デメリット

メリットやデメリット

一般的には、病気になった場合には、医師の診察を受信した後に、その専門医の判断によって、必要な医薬品の処方をしてもらう事になります。

もちろん、医師の診断を飛ばして、必要な医薬品のみをしてもらう事はできないようになっています。

何故かというと理由は簡単になっていまして、専門医によっての診断における判断によってしか、必要な医薬品が処方できないようになっているからです。
こちらに関しては、医療に関する法律によって、厳しく義務付けられるようになっています。
だからこそ、患者さん側にとっては安心なものになっていまして、それが長期的な服用になれば、経済的な負担という観点で見れば、かなり苦しいものになってしまうのです。

病院が嫌いだからという理由によって、海外医薬品の個人輸入を利用されている方もいらっしゃいますし、最寄りの病院までの通院が不便なように感じられている方もいらっしゃいます。
また、多忙によって、病院へ頻繁に行けないという方に関して、病気の種類によっては、恥ずかしさを感じるために、ネット経由の「個人輸入」という形をよく選択されています。

ネット経由での「個人輸入」となれば、日本国内の医薬品よりも、安価に購入できるようになっていたりもするのです。
プライバシー面でも、しっかりと保護されていまして、大変利便性の高い方法となっているのです。

しかしながら、このような「個人輸入」という方法にも、問題点は指摘できます。

まず第一に、「飲み合わせ」という問題がありまして、持病のために既に医薬品を服用している場合には、注意しなければならないのです。

次に、ご自身が注文された医薬品とは、基本的には、海外の方を対象としていまして、日本人には合わないという事が十分に考えられるのです。
過剰摂取になってしまい、思わぬトラブルを引き起こしてしまうリスクが想定されるのです。

加えて、注文した商品が絶対に正規品が到着するという保証はなく、場合によっては、粗悪品が到着してしまう可能性だってあるのです。
素人には、正規品と粗悪品を見分ける力というものは、ほとんどないでしょう。
次に、何らかのトラブル、例えば、金銭や支払いに関する問題が生じてしまったとします。
ここで、言語の問題が出てきまして、その医薬品が使用されている国の言語によって、対応をしていかなければならないという、なかなか複雑な事情も出てくるようになってしまいます。
この事が、医薬品の「個人輸入」を遠ざける要因にもなります。

リスクを低くするには、まず医師から同じ医薬品を処方してもらって、自分に適した効果を持っていて、どんな程度の副作用なのか、耐える事が出来る範囲のものなのかをしっかりと見極める事が重要になってくるのです。
そして、同じ医薬品を、海外からの「個人輸入」という形によって入手するようにしましょう。
そうすれば、比較的高い安全性が確保できまして、必要な医薬品を格安価格にて手に入れる事ができるようになっています。

また、忘れてはいけない事に、粗悪品であったり、金銭トラブルを引き起こさない、その可能性を低いものにする事ができる方法があります。

それは、比較的ネットなどで、評判の高い業者を利用する事となっているのです。

個人輸入の際の注意点

個人輸入については、自分自身で自分の悩みをしっかりと解決ができるので、とても斬新な仕組みと言えるでしょう。
医師の処方箋不要で、必要な医薬品を手に入れる事ができるようになっていますので、長時間の手間を効率よく省略する事ができるようになっています。
プライバシー面が心配という方でも、しっかりと保護されていますから安心しましょう。

そうした「個人輸入」なのですが、その利用には、様々な注意点というものが存在しているのです。

幾つかの注意点に関して、しっかりと理解されていなければ、後々のトラブルに発展させてしまう危険性というものがあるのです。
しっかりと理解された上で、「個人輸入」を行うようにしましょう。

最初にご紹介します注意点としては、事前に薬に関して、最低限に必要な知識くらいはしっかりと調べておくという事になります。

どんな医薬品にも飲み合わせや、その医薬品の副作用などが存在しまして、それらをしっかりと理解して適切に使用されなければ、必要な効果を得られないばかりか、逆効果になってしまうことも十分にあるのです。

医薬品の個人輸入に際しては、医師の処方箋が不要ですから、基本的には、誰でも合法的に必要な医薬品を気軽に手にする事ができるようになっているのです。
しかしながら、ご自身が使用する医薬品に関してしっかりと特徴を理解されて利用されていなければ、深刻な副作用に悩まされてしまうリスクがあるのです。
また、運悪く飲み合わせが悪いという事があった場合には、深刻なトラブルに発展してしまうケースも少なくないのです。
なので、医師の処方箋をしっかりと受けていないということを踏まえて、事前に必要な医薬品の情報は入手している必要性があるのです。

調べているうちに疑問に感じられるような事があれば、実際に使用する前に、専門医への相談も、安全性の観点から良いでしょう。

また、次に注意すべき点に関しては、自己判断によっての服用方法になりがちという事になっているという事です。

例えば、自己判断によって、その病気であると決めつけていたとしても、実際には全く違う病気であったという事が十分にあるという点です。
そうした誤った認識によって、医薬品を服用していれば、適切に症状が改善されない、更に深刻な事に、以前よりも症状を悪化させてしまうリスクも抱え込んでしまうのです。

頻繁に見られるケースとしては、クラミジアとカンジダの症状を見誤るという事です。
性病ではないカンジダですが、症状のみを見れば、クラミジアと似たような症状が確認されてしまいます。

加えて、カンジダですが、厄介な特徴としまして、クラミジアなどの治療のために利用する医薬品を利用すれば、更に症状が悪化してしまうのです。

確実な病名が判明されていない場合には、勝手な自己判断とは絶対にすべきでないです。
まず最初に取るべき行動とは、専門医に相談するという事になるでしょう。
そうしてから、便利な個人輸入を安全に活用していきましょう。

最後に、この点も、注意して頂きたいです。
それは、実際に使用する人の名義にて、「個人輸入」する医薬品は注文するようにするという事になります。

個人輸入とは、基本的に、購入者本人が使用する目的で注文する事が許されているので、家族・友人などの代わりに代理購入するという事はできないようになっています。
例えば、男性にしか利用できない有名なED治療薬・バイアグラを男性が女性名義によって注文されるような事があれば、トラブルに発展するようなことも想定されます。

なので、個人輸入する医薬品に関しては、使用者本人の名義によって、本人の住所に発送してもらうようにしましょう。

上手に活用すれば、海外における医薬品の「個人輸入」とは、とても役に立つ仕組みと言えるでしょう。

心地の良い個人輸入生活を送るには、これまでに、ご紹介させて頂きました注意点をしっかりと厳守する必要性というものがあります。

個人輸入では、何故、処方箋が不要になっているのか??

基本的には、国内では、医師からの処方箋がなければ、病院に行って必要な医薬品を出してもらう事は不可能です。
処方箋に関しては、医師が薬剤師に伝達する情報を記したものであり、投与方法や薬の量に関して記載されています。

この情報を参照する事によって、国内の薬剤師は、必要な医薬品を患者に渡すというフローとなっています。
国内の病院を訪問した場合には、基本的には、こうしたフローがまず取られます。

日本国内の場合には、薬事法によって、処方箋なしの売買とは禁止されていまして、違法行為として処罰されてしまう事にもなりかねません。

しかしながら、これが、個人輸入という形をとった場合には、合法的に処方箋が必要のないものになっています。

個人輸入であれは、国内では許可されていない医薬品に関しても、購入する事ができるようになっています。
なぜ、そちらが、処方箋不要によって、購入できてしまうのでしょうか??

日本にて一般的な処方箋に関して言える事は、医薬品の使用に際し、何か問題が生じた場合の責任を医師が持つという事があります。
なので、責任の所在に関しては、医師にあるとはっきりと言って問題はないでしょう。

しかしながら、これが個人輸入となると、状況が大きく変わってくる事になるのです。
個人輸入というケースの場合には、その医薬品を利用する利用しないという事は、あくまで個人の判断に委ねられているのです。
なので、医師が、そこに介入する余地というものはないのです。

こうした場合には、個人が直接、海外の業者さんや会社との取引をする事になりまして、購入までのプロセスを進めるのです。

加えて、個人輸入代行サイトを利用することもできるようになっているのです。
この場合でも、個人輸入が輸入するサポートするのみとなっていまして、個人に対して直接販売するというわけではないのです。

基本的な前提として、自己責任という事になるのです。
なので、第三者によって、その薬について、しっかりと証明してもらう必要などはないのです。

なので、医薬品(海外の)を個人輸入するときには、処方箋は必要ないということになるのです。
処方箋が根本的に必要ないので、自己判断によって、自分に必要な医薬品を購入する事はできるようになっています。
この点がメリットと言えますが、個人輸入には、同時に、注意しなければならないポイントが存在します。

それは、そもそも、購入する事ができないものが存在することや、数量に注意しなければならない日本にて未認可の医薬品も多数あるという事です。

個人的利用範囲でのみ医薬品の利用が許可されているので、まとめて注文された場合には、余分なものは税関にて没収という措置が取られます。

また、医薬品の代金をできるだけ抑えようとすることもありますが、そんな時には低価格な商品の中の偽物を掴まされてしまう事もあるのです。

偽物を使用した場合には、使用者にとって、大きな影響を生じさせてまう事もあるのです。

できる限り安全性を高めるには、代行業者の中でも、正規品のみ取り扱いのある信頼できる業者のみを利用すべきです。
個人輸入、今回は海外医薬品となりますが、全ては自己責任という前提となりますので、日本国内のように処方箋が必要とされる事はないです。

しかし、自己責任であるが故に、そのメリットばかりでなく、デメリットに関してもしっかりと理解しておく必要があります。

海外医薬品の個人輸入を利用される際には、何故、処方箋が必要でないのかという理由はしっかりと理解しておくべきです。

医薬品医療機器法・薬事法について

日本には様々な法律が制定されていますが、そんな中に医薬品に関する、薬事法という法律が存在します。
薬事法には、医薬品のみならず、医薬部外品・化粧品・医療器具というものにまで関係があります。
薬事法制定の目的とは、安全性や有効性の確保というものにあるのです。
なので、人の身体に大きな害を及ぼすようなリスクの高い医薬品に関しては、規制の対象になったり、場合によっては禁止されてしまうような事もあるのです。

例えば、覚せい剤というものが規制の対象である事は理解できるかと思いますが、覚せい剤とは、そもそも覚せい剤取締法に抵触してきます。
メタンフェタミン・アンフェタミンというものが、当てはまるのです。

エフェドリンに関しては一定量までは問題ないのですが、それを超えてしまえば、覚せい剤の原料になってしまうので、輸入は禁止されていると覚えておきましょう。

大麻「大麻草・大麻樹脂」ですが合法的に利用される事もありますが、現在は、輸入の禁止とされているのです。

医療用大麻というものが存在しますが、こちらはあくまで、国内にて生産した数をコントロールする理由からとなっているのです。

サルビノリンAに関しては、危険が及ばない範囲ならば、輸入は許可されています。
しかし、人体に危険が及ばされる量のサルビノリンAの輸入は禁止されているのです。

また、モルヒネに関しては、劇薬となってしまうリスクがあります、もちろん、合法法的な医療薬に利用されるケースもあるのですが。

モルヒネに関しては麻薬の原料になってしまうということから、輸入に際しては、地方厚生局長の許可を取る必要が出てきます。

向精神薬に医療用のものが存在しますが、こちらは、一ヶ月を超えない用量のものでしたら、事前の許可は不要となっています。
しかし、それ以上の用量を輸入しようというのであれば、日本国内のように医師からの処方箋が求められたり、病気である事の確かな照明が必要になってくるのです。

個人輸入に際しては、医薬品・大麻などは、上記のようなものが規制や禁止されているわけですが、その他の分野でも、法律において禁止されているものも存在するのです。

また、ワシントン条約によって規制されている物を原料にして作られている衣料品などを輸入しようとすれば、処罰の対象になってしまうのです。

加えて、関税の観点からですが、知的財産侵害物品の衣料品の場合には、輸入はできないようになっているのです。

その理由とは、他人の権利を侵害したり、コピー品の効果に関する不安の声が根強いからです。
薬事法においては、色々な医薬品の輸入が禁じられているわけですので、本当に信頼できる輸入代行業者を利用すべきです。
個人輸入をしっかりと楽しむには、事前に不安な事は、しっかりとチェックすべきです。

正しい個人輸入に関する知識を身につけ、信頼できる個人輸入代行業者から、法律によって定められた量を上限に輸入していれば、長く安心安全に海外にて一般的な商品の利用が可能になっています。

医薬品・睡眠薬の個人輸入は、こちら↓

お薬館

コメントを残す