レイプドラッグとしての睡眠薬!?

エチゼスト

睡眠薬がレイプドラッグとして使われる事件が急増

処方薬の睡眠薬が、レイプドラッグとして用いられる事が急増。

飲み物に混入された被害女性は、今もPTSDに。

市販医療薬が睡眠薬として利用されるのではなく、悪用されて、レイプドラッグとして用いられることがあります。
レイプドラッグ、即ち、性犯罪に睡眠薬が利用されるのです。
通常の性犯罪による被害と違って、こちらは、被害者は意識がありません。
なので、仮に事件化されても、被害者は不利な状況に置かれるということが多々あります。

睡眠薬など海外医薬品の個人輸入代行は、こちら↓

お薬館

睡眠薬

新聞の取材に、被害女性が応じ、睡眠薬がレイプドラッグとして利用される危険性について、訴えた。

この被害女性は、ウェブ関連会社にて働いており、女性が性犯罪にあったのは、約2年前。
加害者の男は女性によると、土木会社の社長の男だという。

仕事上のことですが、名刺交換をすると、間も無く、冷たいものをどうぞと出せれた。
飲むと間も無く、意識が遠のいたのようだ。

目を覚ましたのが、気づいた時には、応接間に横たわっていて、身体に力が入らず、抵抗ができない。
もうろう状態の中、女性は抵抗できず、男によって、ラブホテルに連れて行かれたのだ。
無抵抗のまま暴行を受け、とても大きなショックを負った。

夜になって男は、女性を解放した。
上司に事の成り行きを伝え、会社の者とともに、警察署に向かった。
すると、2種類の覚醒剤と睡眠薬が検査によって反応が確認された。

しかし、この被害申告から、男の刑事処分が下るまで、約1年を要している。
結果として、男には、準強制性交等の容疑がかけられた。

男は調べに対しては、以下のように語っている。
訪問者が女性だと予め分かっていたので、睡眠薬を試した。
しかし、性交渉に関しては、女性との合意によるものだと、強制という部分は否定した。

公判では、準強姦の要件について、争われることになった。
薬物の影響によって無抵抗の状態になっていたのかが重要な問題になってくるわけですが、結果的には、男の主張は退けられることになった。
裁判では、男には、懲役5年の有罪判決が下り結審した。

公判では、2人を目撃した人物による証言がされた。
その人物によると、女性は1人で問題なく歩行しており、フラフラした様子は確認されなかったようだ。
しかし、女性の代理人弁護士によると、レイプドラッグを飲まされることによって一見、被害者に意識はあるように見えても、実際は、そうではないことがあると指摘したのだ。
実際には記憶が欠落していることも多々あり、今回のケースも、それに該当すると指摘している。

事件後はPTSDに

女性は事件後には、休職せざるを得ない状態になった。

心的外傷後ストレス状態を患った。

なぜ、今回、新聞の取材に応じたのかの理由だが、女性は、特に落ち度がないにもかかわらず、或る日突然、レイプドラッグの被害にあってしまう恐ろしさを伝えたかったのだと言う。

民間支援団体「性暴力救援センター・東京(SARC東京)」とは、24時間体制で、性被害の相談を受け付けています。

数ヶ月間、被害女性に関して、ある聞き取り調査をしました。
81人のうち10人の女性は、実際に睡眠薬を飲まされ、アルコールに医薬品を投与されたりしたそうだ。

こちらの民間支援団体によると、通常、酔うアルコール摂取量でないにもかかわらず、記憶を失ったなどと、お酒にクスリを投与された可能性が強まった。
♯被害女性9人

その他1人に関しては、尿検査によって、飲み物に睡眠薬が混入されていたことが判明した。
また、睡眠薬の混入はないものの、アルコールの大量摂取によって、意識を失わせ、性被害にあったということも実際にある。

レイプドラッグに詳しい某教授によれば、睡眠薬を実際に飲み物に混入させて、レイプドラッグとして用いられる事が急増していると指摘する。

レイプドラッグとしての睡眠薬とは、たったコップ一杯程度で、記憶や意識が飛ぶ事があるそうだ。

某教授によれば、レイプドラッグとして用いられる睡眠薬とは、医師が処方する睡眠薬。
加害者が不眠症であると偽れば、簡単に入手できてしまいます。
注意してほしいところに、レイプドラッグに利用される睡眠薬とは、直ぐに体内から排出されてしまいます。
なので、被害にあった場合には、いち早く、捜査機関に相談すべきです。
ここでいち早く、尿検査などによって、証拠確保をする必要性がある。
検察幹部によると、性犯罪が、アルコールや睡眠薬によるものだと、早い段階で、ご相談される事が重要だと指摘する。
日数が経過してから相談されても、睡眠薬などの成分が確認されない事が多いのです。

被害者女性が被害状況を強く訴えたとしても、密室であるという状況から、訴えを客観的に立証する事が困難であると指摘する。

何の落ち度もないのにもかかわらず、ある日突然、レイプドラッグによる性被害にあってしまうと、被害女性にとっては強いショックを受けるでしょう。
しかし、その後のためにも、捜査機関による薬物検査などは早い段階で実施すべきです。

睡眠薬など海外医薬品の個人輸入代行は、こちら↓

お薬館

睡眠薬

 

コメントを残す