女性の薄毛の悩みを解決する「キクイモ」の力

加齢とともに減少するホルモンを補い女性の髪の悩みを解決する「キクイモ」の力
キクイモは名前こそ「イモ」ですが、実際にはキク科の植物で「菊芋」と書きます。原産は北アメリカで、日本でも各地で見ることができます。花が菊に似ていて、根の部分が芋状のため、「菊芋」と名づけられたといわれています。 食用とされるのは、根の部分です。近年、このキクイモに含まれる「イヌリン」という多糖体に血糖値を下げる効果があると、健康食材としてたいへん人気です。 そんなキクイモの新たな効果として、白髪を黒くしたり、薄毛や抜け毛を改善する働きがあることがわかってきました。 男性の髪のトラブルが遺伝的な要素が強いのに対して、女性の髪のトラブルは加齢によって、通称「若返りホルモン」といわれる「DHEA」をはじめとするさまざまなホルモンの分泌が低下することに原因があります。髪のトラブルを抱える女性がキクイモをとったところ、抜け毛や白髪が改善されたという結果が多く間かれたのです。 キクイモのどの成分によってそのような効果があらわれたのかについては、今後の研究が待たれますが、おそらくなんらかの成分が髪や肌の若さに関与するホルモンに働きかけ、それらのホルモン分泌をよくすることで、髪のトラブル解消に効果を発揮しているものと考えられます。

髪によいだけでなく血糖値の上昇を抑えて糖代謝を改善させる「キクイモ」のイヌリン
血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度を測ったものですが、糖尿病になるとそれが著しく高い状態になります。血糖値はデンプン質を含む食品を食べると上昇します。たとえば、ジャガイモを食べると、ジャガイモのデンプンが胃液でブドウ糖に分解されます。そうすると、当然血糖値は上昇するのです。ところが、キクイモはイモと名がつくにもかかわらず、糖質にデンプンを含みません。キクイモの主成分はイヌリンという多糖類なのです。つまり、キクイモを食べても血糖値は上昇しないのです。 それだけではありません。私のクリニックの患者さんにキクイモのエキスを飲ませたところ、著しく血糖値が好転したケースが多く見られました。現在のところ、イヌリンそのものが糖尿病に効くというはっきりとした研究結果は出ていませんが、これまでの症例を踏まえて考えると、キクイモの主成分イヌリンそのものが、糖の代謝を活発にして血糖値を下げるであろうことは、大いに推測できることです。

「黄金キビ」の植物性ステロイドが男性ホルモンの活性を抑え、豊富なミネラルが髪を生やす
スイスでは200年以上昔から、収穫した黄金キビをしばったものを薬として飲む習慣があります。とくに黄金キピをとると出産後の女性の弱った髪の毛にツヤとハリが戻り、1本1本が太く強くなると信じられています。 このょうな効果については、近年、科学的な面からも実証されています。それは「植物性ステロイド」という成分の働きによるもの。人間のステロイドは、副腎から分泌されているホルモンのひとつで、強力な抗炎症効果と免疫向上効果を持ち、ストレスなどで変調をきたした体を元に戻す作用も持っています。それと同じような作用を持つ植物性の成分を植物性ステロイドといい、有名なものに大豆イソフラボンなどかあります。 黄金キビの植物性ステロイドには、男性ホルモンの「テストステロン」を抑制する働きがあります。テストステロンには毛根にある毛母細胞の働きを抑える作用があり、これが強すぎると、抜け毛や薄毛、髪のツヤがなくなるなどの、髪のトラブルが起きやすくなるのです。黄金キビの植物性ステロイドがテストステロンの働きを抑えることにょって、毛母細胞の働きが高まり、髪に栄養が補給されるのです。 黄金キビの植物性ステロイドには、メラニン色素を合成する働きもあります。メラニンは髪を黒くする成分ですから、白髪の回復に効果があるということです。 植物性ステロイドのほかにも、黄金キビには、髪にょいとされる銅や鉄などの多種類のミネラルがバランスょく含まれているほか、細胞膜の形成に欠かせない、リノール酸などの精油成分も豊富に含まれています。細胞膜は、栄養をとり入れて毒素を排出するなど重要な役割を持っていて、当然、毛母細胞にもあります。黄金キビの精油成分の働きによって毛母細胞の細胞膜が修復されることで髪の健康もとり戻せるのです。 黄金キビは穀物の形では日本には入ってきていないので、サプリメントとして摂取するのが一般的です。植物性ステロイドは動物性とくらべて作用が穏やかなので、副作用の心配が少なく、継続して適量を摂取すれば、3週間で効果を実感します。

米国で話題の発毛力。男性ホルモンを抑制する内服薬「プロペシア」と、血行を促進する外用薬「ロゲイン」
抜け毛や薄毛は男性ホルモン(テストステロン)と深い関わりがあります。こと、前頭部や頭頂部の毛髪は男性ホルモンによって発育が抑えられやすいのですが、男性ホルモンはこのような悪さを働く際、毛根の細胞に入り、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質に変わります。この男性ホルモンからDHTへの変換を促すのが5α‐レダクターゼという酵素で、内服薬の「プロペシア」の活性成分である「フィナステライド」は、この酵素を阻害することで、男性ホルモンの毛根への作用をブロックするのです。 頭頂部の脱毛に悩む男性を対象にした米国の臨床試験によると、1日1mgのコフロベシア」の内服を1年間つづけた男性の毛変量は、服用しなかった男性にくらべ、10円玉大の面積につき107本も多く、2年後にはその差が138本に開いていたそうです。 一方、外用薬の「ロゲイン」の主成分であるミノキシジルは血行促進作用を持っています。男性型脱毛症には、頭の形も大きく影響しています。頭頂部がとがった形や左右に突き出たような形ですと、頭皮の良行か悪くなるため、脱毛が起こりやすいのですが、「ロゲイン」を頭皮にスプレーすると、ミノキシジルが毛根に浸透して血行を改善し、このような脱毛を防いでくれるのです。 男性ホルモンをブロックする「プロペシア」と、頭皮の血行をよくする「ロゲイン」の併用で毛髪のトラブルが改善した人が多いというのもうなずけます。ただ、両方とも女性には使えません。とくにホルモンにアプローチする「プロペシア」は胎児への影響が考えられるため、妊娠中の女性は服用しないよう注意してください。

世界80カ国で発売される夢の育毛剤「ロゲイン」の効果の秘密は血管を拡張する作用 今、世界中の薄毛で悩む人だちから、熱い視線を浴びている育毛剤「ロゲイン」。すでに80カ国以上の国々で販売され、現時点で最も信頼できる育毛剤といわれています。 その秘密は、「ロゲイン」の主成分ミノキシジルにあります。ミノキシジルは血管を拡張し、血流を促進する作用があります。その作用で毛根の血流が促進され、育毛効果が発揮されるのです。 毛根さえ残っていれば発毛の可能性があるといわれる「ロゲイン」。まずは専門医に頭皮の状態を検査してもらい、使用することをおすすめします。

気の流れをよくして、白髪・抜け毛を防ぐ。中国伝統の飲む養毛剤、「首鳥片」の威力 いくつになっても若々しい黒髪でいたいと思いつつ、「年のせいだから」とあきらめている人は多いのではないでしょうか。ところが、中成薬(中国の伝統医学の処方を製剤化したもの。中国漢方薬ともいう)には、毛髪を黒く豊かにし、老化を遅らせる薬かあります。それは、「百島片」という薬で、日本では便秘に効果があり、強壮作用のある薬として知られてきました。もちろん、そうした効果もあるのですが、本場の中国では、むしろ白髪や抜け毛など髪のトラブルにたいへんよく効くことで高い評価を得ています。「酋島片」の主要成分は、「何首島」という生薬で、その原料はタデ料植物の一種であるツルドクダミの塊根です。 中医学では「肝腎同源」という言葉があり、五臓六胎の中でも「肝」と「腎」は密接にかかわっているとされています。そして、老化は「肝」と「腎」の衰えからくるものであり、両者の働きを高めることが老化防止につながると考えています。 髪の状態も「肝」と「腎」に深く関係しています。 中国では髪は「血踪」と呼ばれ、「良」の一部と考えられていますが、その「良」は「肝」に蓄えられます。「肝」の働きが低下すると「良」の循環が悪くなるため、髪も衰えてくることになります。逆に「肝」の働きを活発にしてやれば「血」の循環が改善されて、おのずと髪もよみかえってくるというわけです。 また髪は「腎の華」ともいわれ、「腎」の状態が反映されるとされています。「腎」は「気」(生金エネルギー)を蓄えておくところで、「腎」の働きが悪くなると、生命エネルギーが不足してホルモンの減退などか起こり、全身が衰えてきます。白髪や脱毛など髪の老化も、そうした全身の衰えからくる症状のひとつといっていいでしょう。 このような作用を持つ「何首島」を主要成分とした「首島片」は髪の若返りはもちろんのこと、老化防止や体力増強の効果もあります。 さらに、血中コレステロールを下げたり、抑うつ状態を改善する効果などもあります。効き方はおだやかで、副作用もありません。 じつは、私も1年ほど前から白髪がふえ、頭頂部の髪が薄くなってきました。そこで「首鳥片」を飲み姶めたところ、1カ月後くらいから少しずつ黒い髪が戻ってきて、白髪が目立だなくなってきたのです。髪の根元から半分までが黒く、その先が白いのです。これを見ても「首鳥片」の効果を実感します。もちろん抜け毛も目に見えて減りました。「時鳥片」は中国漢方を扱っている漢方薬局で手に入ります。抜け毛、白髪だけでなく、老化による体力減退を意識している人にはぜひおすすめしたいですね。

霊芝、アロエ、黒ゴマ……、髪によい食材と生薬をバランスよく配合した、その名も「頭髪茶」 抜け毛や白髪を防ぐには、①栄養バランスのとれた食事をとる、②ストレスをためない、③石けんやシャンプーは髪質に合ったものを使う、この3つのポイントが重要です。 なかでも①は不可欠な要素。日本人の髪の量は、平均すると約10万本あり、それぞれの毛は、1日に0・35から0・4mmずつ伸びつづけているといわれます。つまり、私たちの髪の毛は、1日あたり、延べ40mも生産されていることになります。 これだけの量を育成するには、いかに栄養の補給がたいせつなことかおわかりでしょう。 さらに、育毛のためには頭皮の良行をよくすることも人事です。漢方では髪と血液はとても深い関係にあるとされています。なんらかの理由で血液の循環が滞ると、髪に血液が行き渡らなくなり、ひいては白髪や抜け毛の一因になるのです。 そこで役に立つのが「頭髪茶」です。霊芝、アロエなどのほか、黒ゴマや根コンブなどで作られたこのお茶には、髪の健康を促すタンパク質やビタミン・ミネラル煩がバランスよく含まれています。また、血液の循環をよくする生薬も配合されています。各成分が抽出されやすいように、焙煎加工してあるので香ばしく、飽きのこない味であることも魅力です。 飲み方は、きゅうすかコップにティーバッグを入れ、熱湯を注ぐのが.般的ですが、長時間かけて煎じると成分がよく抽出されるうえ、作りおきもできます。1000〜1200mlの沸騰した湯に「頭髪茶」を1パック入れ、7〜8分煮出します。あたたかくても冷たくしても効果に変わりはありません。

 

男性型脱毛症の治療薬通販サイトは、こちら

コメントを残す