男性型脱毛症を治す「正しいシャンプー」のやり方

「正しいシャンプー」のやり方があった

市販のシャンプー剤の売り言葉の多くは、「髪にやさしい」「髪をツヤツヤにする」というように、髪の毛
を中心にしたものが多いようです。しかし本来、シャンプーの目的は、髪を洗うのではなく、頭皮を洗うこ
とにあります。髪を洗うことばかり意識して、頭皮の洗浄が不十分だと、髪そのものに悪影響を及ぼします。
頭皮は髪の土壌であり、そこが汚れていては、髪も細く弱くなってしまうからです。まちかったシャンプー
をつづけることで、髪によりダメージを与えることもありうるのです。
髪の薄い大のなかには乾燥肌の大もいますが、皮脂の分泌の多い大のほうが脱毛を起こしやすい傾向にあ
るようです。皮脂が多いと毛穴に脂が詰まり、十分な栄養が行かなくなるために、髪が細くなってしまうの
です。このようなタイプのかたはとくに、頭皮の脂をきちんととり去ることがたいせつです。ですから、
シャンプーはできれば毎日行なって、その日の汚れはその日のうちに落とすことを基本にしてください。
さらに、シャンプーの頻度よりたいせつなことがあります。それは、すすぎです。いいかげんにすすいで
いるとシャンプー剤が頭皮に残ったままになってしまい、炎症などのトラブルの原因になりかちです。これ
か、脱毛の直接の原因になる場合もあるのです。
目安として、1分間シャンプーをしたら、1分間すすぐと覚えましょう。つまりシャンプーに使ったのと
同じくらいの時間をかけて、しっかりシャンプー剤を洗い流すのです。
洗うときは、指の腹を使って、後頭部の襟足の髪の生えぎわから、上に向かって地肌を洗っていきます。
髪が生えている流れに逆らうように上に向かって洗うことで、しっかり頭皮の脂をとることができます。こ
のとき、爪を立てると頭皮が傷つくので注意をします。
1回目で軽く全体の汚れを落とし、2回目でしっかりマッサージしながら洗いましょう。とくに、頭頂部
および、毛が薄くなっている部分はしっかりと洗います。頭頂部は皮脂の分泌が盛んな場所ですから、ここ
から毛が薄くなっていく場合が多いのです。「抜けるのがイヤだから」と薄くなっている部分をしっかり洗わないでいると、いっそう脱毛が進む可能性があります。 もうひとつ、リンスの使い方にも注意か必要です。シャンプーは頭皮を清潔にするものですが、リンスは髪の摩擦抵抗を低くし、指通りのよい状態にするためのもの。ですから、リンスは頭皮に付着しないようにアッサリと髪に行き渡らせる必要があります。 また養毛剤や育毛剤は、シャンプーで汚れをとり除いたあとの頭皮につけることで高い効果が期待できます。軽くタオルで水けをとり除いてからつけましょう。

オウバク、カミツレなどを配合した「漢方シャンプー」が毛乳頭の炎症を抑えて抜け毛を阻止
頭皮や髪をきちんと手入れするためには、まずシャンプーを正しくすることがたいせつです。頭皮を清潔にするとともに、マッサージをするようにシャンプーをしましょう。頭にはたくさんのツボが密集しています。頭部をマッサージすると頭皮の新陳代謝がよくなりますし、さらに大脳皮質が刺激され、全身の血液循環まで活発になるというメリットもあります。 シャンプーは良質の植物性オイルを主成分とする、弱酸性のものが髪にやさしいのでおすすめです。合成着色料や香料が使われているものは頭皮にも髪にもよくありません。多くのかたの毛髪を見てきた経験から、とくにおすすめなのは、天然の動植物エキスが含まれたシャンプーです。頭皮と髪を清潔に保つだけでなく、毛髪のキューティクルに浸透して効果を発揮するので、髪の傷みや白髪が気になるかたには最適なのです。 抜け毛や薄毛に悩むかたには消炎作用を持つオウバク、カミツレなどの漢方成分を含むシャンプーがよいでしょう。 髪の誕生は、頭皮の表面にある毛母細胞からスタートします。毛母細胞は皮膚の内部に入り込み、袋のような毛嚢をつくり(前厄芽期)、毛乳頭という細胞をつくります(毛芽期)。 毛乳頭は毛髪の製造工場。毛髪をつくるのには欠かせない栄養を吸収するなど、たいせつな役目を担っています。毛乳頭ができると、毛母細胞の中に毛髪の原型が生まれ(毛球性毛抗期)、これが成長し、頭皮から顔を出して毛髪になるのです。やがて髪は休止期といって、成長をやめる時期を迎えます。休止期は約3カ月で、頭髪の約10%はこの休止期にあります。これを過ぎると次は脱毛期に入り、古い毛髪は新しい毛髪に押し出されるように抜けます。正常な脱毛期の抜け毛は、1日に70本前後といわれています。 つまり、1日の抜け毛が70本よりも著しく多い場合、それは何らかの原因で毛乳頭に炎症が起きていると考えられます。炎症ができると毛髪はグラグラして抜けやすくなります。ですから、抜け毛を止めるには炎症を抑える必要があるのです。
そこで効果を発揮するのが、オウバクやカミツレなど泊炎・殺菌作用のある生薬なのです。ふつう、シャンプーではお湯を使い、また頭皮をこするため炎症が起きている部分により熱を与えてしまいます。しかし、消炎作用のあるシャンプーを使えば、炎症が進むのを抑え、髪が抜けにくくなるのです。また、頭皮や毛乳頭に炎症があると、かゆみを感じ、頭皮をかきむしり、頭皮を傷つけてしまうことがあります。オウバクには炎症・殺菌のほか、かゆみを防ぐ効果が、また、カミツレには傷を治す効果があるので、この2つは頭皮の健康を守り、抜け毛を防ぐための理想的な生薬エキスといえるのです。

頭皮のトラブルをやさしく解消する「石けんシャンプー」の上手な使い方
現在、ほとんどのかたが利用しているシャンプーは、いわゆる合成界面活性剤を利用したものです。この合成界面活性剤、石けんと同じようなものだと思っているかもしれませんが、肌に対する影響から考えると、まったく別のものといえます。 合成界面活性剤は髪の材料であるタンパク言をとかしてしまいます。つまり、シャンプーをすればするほど髪が細くなり、抜毛・切れ毛を起こしやすくなってしまうのです。また、髪の毛を育てる畑である頭皮にも浸透して髪の材料をつくる毛母細胞に影響を与え、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。 もちろん、シャンプーをつけてすぐにこうした害があらわれるわけではありません。しかし、少しずつでもほとんど毎日使いつづけるものですから、長年かけて、かなりの以が体にふれつづけていることになります。髪のトラブルの多くに、こうした長年の合成シャンプーの使用が関係しているのではないかと私は考えます。 その点、「石けんシャンプー」ならこうしたトラブルを防ぐことができます。いったん起こってしまったトラブルも、自然治癒力によってしだいによくなっていくでしょう。 ただ、「石けんシャンプー」は合成シャンプーよりも、洗浄力が低いので、髪の短いかたは3〜4回、髪の長いかたは6〜7回を目安に、繰り返しよく洗う必要があります。慣れてくれば効率よく洗えるコツがつかめますし、洗髪前に何もつけずに素洗いをして大まかな汚れを落とせば、少ない回数ですむようになってきます。また、洗髪中は、かたいブラシなどでブラッシングをすれば地肌のマッサージ効果を得られますし、汚れも効率的に落ちます。市販されているシャンプー用のブラシを用いるのもよいでしょう。 ただ、ひとつ気をつけていただきたいのが、「石けん」とうたいなから合成界面活性剤を用いた商品が出回っているということです。髪や体を洗ってみて、洗面器にアカの浮かないものや、洗い上がりの感触がなめらかなものは合成界面活性剤の可能性が強いかもしれません。商品の指定成分表不をよく確認してから購入しましょう。

『石けんシャンプー』の上手な使い方

①石けんを使う前に、まず髪と頭皮全体をお湯で素洗いする
②温度がやや高め(41〜42度)のお湯を使う
③ショートなら3〜4回、ロングヘアなら6〜7回繰り返して洗う
④シャンプーブラシなどで汚れ落としを入念に
⑤酸性リンスを使うと、「石けんシャンプー」による髪のゴワゴワ感を予防できる

「コンニャク」の天然スクラブが毛穴の脂をとり除き、新陳代謝を活性化して髪を生やす!
脱毛の原因には、男性ホルモンの分泌が関与するものから、新陳代謝の低下から頭皮が突っ張って血流障害を起こしている場合など、さまざまなことが考えられます。 いずれの場合にも、頭皮に埋まっている毛根の細胞、毛母細胞の働きが衰えて脱毛が起こるといわれています。毛母細胞は、毛細血管で運ばれた栄養から髪をつくる、いわば髪の母。毛母細胞の分裂、増殖が滞ると、毛が生え、伸びていく過程も止まってしまいます。 では、働きが衰えてしまった毛母細胞を再び活性化するには、なにが必要なのでしょうか。私は、①清潔、②新陳代謝の活性化、③栄養、これが三本柱だと考えています。 毎日髪を洗っていれば表面の汚れは落とすことができます。しかし、毛穴の中に詰まった皮脂は十分にはとれていないことが多いのです。そこでおすすめしたいのが「コンニャクシャンプー」です。 コンニャクは昔から、食べると腸の掃除になるということで知られています。コンニャクに合まれる、全長400ミクロンほどのマンナンという天然のスクラブが、腸内の老廃物を吸着して、使として体外に排出してくれるからです。 頭皮に関しても同様に、シャンプーにコンニャクを配合すれば、マンナンのスクラブが毛穴にたまった皮脂をどんどん吸着して、毛穴を清潔にしてくれます。しかも、このスクラブはやわらかい繊維でおおわれているため、毛穴を傷つけるようなこともありません。 毛穴がきれいになると同時に、スクラブのマッサージ効果で、頭皮の新陳代謝はどんどん活性化していくでしょう。すると血行もよくなり、毛母細胞が十分な栄養を吸収できるようになります。 コンニャクシャンプーを使い始めたら、何年も毛の生えなかったかたい地肌から毛が生えたという珍しい話を聞きますが、これも毛母細胞が活性化したためと考えられます。また天然の成分でできているので、男女、年齢を問わず安心して使える点もメリットです。

プロポリス配合の「みつばちシャンプー」で頭皮の細胞に酸素や栄養分を行き渡らせる
私かおすすめする「みつばちシャンプー」とは、プロポリスを配合したシャンプーのことです。プロポリスとは、みつばちが巣を補強したり、殺菌したりするため、巣の中に塗りつけるニカワ状の物質のこと。みつばちが集めてきた樹液や花粉に、唾液をまぜ合わせて作るものといわれています。 プロポリスには殺菌・消炎作用があり、紀元前からヨーロッパを中心に民間薬として利川されてきました。ドイツ、デンマーク、ロシアでは、医療品として阪われています。 ブロポリスには、現在わかっている成分のほかにも、数百種類もの成分があるといわれるほど、じつに多くの成分が含まれています。なかでも多く含まれるのが、「フラボノイド」という成分です。フラボノイドとは、植物に含まれる色素の成分で、菌を殺したり、細胞の老化を防ぐなど、多彩な働きがあります。塗ってよし、飲んでよしのプロポリスですが、よく耳にするのが、脱毛や白髪などの受の毛に対する効果です。 私自身、1日に1回プロポリスを飲むとともに、「みつぱちシャンプー」を使っていますが、確かな効果を実感しています。私は現在44才ですが、30才ぐらいから白髪がふえ始め、月に4回は生えぎわを染めていました。ところが「みつばちシャンプー」を使い始めて3ヵ月ほどで、受賞がよくなったぽかりか、枝毛がいっさいなくなり、毛先までツヤツヤの髪になったのです。毛染めの色もちもよく、月2回ですむようになりました。「みつぼちシャンプー」は頭皮の洗浄力が強いのも特徴。洗浄力が強いのに、髪をツヤツヤにするというのは、矛盾しているように思うかもしれません。しかし、フラボノイドの働きで、とるべき汚れはきちんと落として、細胞に必要な酸素や栄養分などを行き渡らせて活性化するのでしょう。また、質の悪いシャンプーは、毛穴にはりついて健康な髪をつくることを妨げる原因になったりしますが、「みつばちシャンプー」には、そのような弊害もありません。髪に悩みのあるかたに、ぜひおすすめしたいと思います。

サトウキビをしばったものを煮詰めるとできる、黒糖のエキス。ミネラル、ビタミン、酵素がたっぷり含まれていて、沖縄では3時のお茶の際にお茶請けとしてよく食べられています。 あまり知られていないことですか、黒糖エキスはミネラルやビタミンの補給に適しているだけてはなく、タンパク質の変性抑制効果といって、頭皮を含む肌のあれや炎症を防ぐ働きも持っています。頭皮のあれや炎症が長くつづくと、毛根にも悪影響を及ぼします。すると、毛が抜ける、やせるといったことが起こる可能性があるのです。 それを防ぐ効果を持っている黒糖エキスを頭に直接つけることで、そうしたトラブルを防げないかと考え出しだのが「黒糖シャンプー」です。実際に使った人の間でも「髪が太くなってコシが出た」「フケが出なくなった」とたいへん評判です。「黒糖シャンプー」は頭皮だけでなく、髪自体の健康も保つ役割を果たします。というのも、最初にあげた黒糖に含まれるミネラル(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)は、髪を構成するアミノ酸に重要な働きをすると考えられているからです。 沖縄発の健康素材はいろいろありますが、食べてよし、塗ってよしの黒糖エキスは、今後注目を集めることでしょう。

アカや余分な脂質などをとり除いて、髪の毛を再生させ、黒々とさせる「炭シャンプー」 最近、炭石けんや炭ローション、炭シャンプーなど、炭が配合されたヘアケア製品が人気を集めているようです。じつは、漢方の専門家である私自身も、ここ3年ほど愛用しています。私の場合は炭石けんで体を洗うだけでなく、髪の毛も洗っています。まずアロエが配合されたシャンプーで髪を洗ったあと、炭石けんで再び洗うのです。すると、洗い上がりがさっぱりするだけでなく、髪がしっとりするので、リンスを使う必要がありません。 また、風呂上がりと朝、炭ローションを髪全体に行き渡らせるように軽く塗ります。こうすると、髪がよりしっとりするのです。 炭石けんとローションを使い始めて気がついたことは、髪がしなやかになり、抜けにくくなったということです。くしで髪をとかしても、以前とくらべて抜ける量が確実に減りました。炭石けんやローションには白髪を防止し、黒い髪をふやす効果もあるようです。ある50代男性は、炭石けんとローションを使い始めて、周囲の人から「髪が黒くなった」といわれるようになったそうです。 炭石けんやローションに含まれている炭は非常にこまかい粒子状になっており、その粒子それぞれに小さな穴がたくさんあいています。こうした炭の粒子は殺菌力があるうえに、頭皮にたまったアカや毛穴に詰まった余分な脂分、さらにはイヤなにおいのする分子などを強力に吸着し、とり除いてくれる効果があります。 また、頭皮の毛根に皮膚ダニの一種がすみついて、それがかゆみなどの原因になっていることもあるのですが、炭の粒子はそうしたダニまでもとり除いてくれます。 このような炭のさまざまな効果の相乗作用によって、髪や頭皮が衛生的かつ健康的な状態になれば、抜け毛が減ったり、白髪が黒くなったりすると考えられます。 抜け毛や白髪、髪の傷みなど、髪トラブルでお悩みのかたは、一度試してみてはいかがでしょうか。

髪を傷めず、汚れのみを洗い流す「酢洗髪」なら1カ月間で毛根が強化され髪が生える 私の美容室ではお酢をお湯で薄めたもので髪を洗う「酢洗髪」をしています。昔から酢は、まないたの殺菌や、水虫の治療などにも用いられてきました。この酢を使って髪を洗えば、髪を傷めず、汚れもきれいに落ちるのではないかと考えて姶めたのです。 市販のシャンプーには「合成界面活性剤」が含まれています。これは、食器洗いに使う中性洗剤や、洗濯に使う合成洗剤などにも含まれているもので、洗浄力は抜群ですが、髪に必要なタンパク質を奪い、また頭皮を傷める原因になるので、髪によいものではありません。髪を毎日洗っているのに、頭皮がベタつく、という人は合成界面活性剤が多いシャンプーを使っている証拠です。頭皮を守るために必要な油分を界面活性剤がすべて奪ってしまうため、それを補おうとして大量に油分が出てしまっているのです。 その点、「酢洗髪」は天然の素材だけを使っていますから安全です。最初は髪がベタついたり、フケが出たりしますが、これはいままで頭皮にたまっていたシャンプーや石けんに含まれる保温剤などが落ちている証拠ですから、あまり気にせずつづけてください。約1カ月で毛根か健康になり、3ヵ月目からはうぶ毛が生えてくるでしょう。

栄養価の高い「アボカド」の豊富な脂肪酸やビタミンEが髪や肌を生き生きさせる アボカドは世界一栄養価の高い果物としてギネスブックにも紹介されています。タンパク質やカロチン、ビタミン、ミネラルなどの栄養成分かこれほどバランスよく含まれている果物は、ほかに例をみません。 アボカドは「森のバター」と呼ばれるほど脂質が多く、100g中約19gもの脂質を含んでいます。じつはこの脂肪が非常に体にいい脂肪なのです。この脂肪の主成分はコレステロールの低下作用を持つオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸で、食べてもコレステロールをふやす心配はありません。そのほか、ビタミンCやビタミンEも多く、皮膚にうるおいを与えるなど、美肌効果も期待できます。 さらにタンパク質を構成する必須アミノ酸の中で、アボカドに多く含まれるトリプトファンが、肌をきれいにし、毛髪にツヤを与えます。また、末梢神経の良行をよくする作用もあるため、頭皮の血行を促進し、脱毛や薄毛の改善も期待できます。 このようにアボガドには、肌や髪を生き生きとさせる成分が多く含まれています。肌や毛髪のトラブルを抱えているかたにはぜひおすすめしたい果物です。

炎症や傷などを受けた頭皮を細菌から守りかゆみを緩和する「グレープシードオイル」「グレープシードオイル」とは、白ワインを醸造した際に残るぶどうの種子を乾燥させ、その鱈子を圧搾して精製したオイルです。「ぶどうのオイル」ともいわれています。 ほかのオイルと比較すると、オレイン酸などが多く含まれており、成分かきわめて安定しているというのがこのオイルの特徴です。非常に酸化しにくく、光線やほかの物質の影響を受けても、変質する可能性がとても低いのです。ですから、グレープシードオイルを皮膚に塗っても、このオイル自体が皮膚を傷める原因にはなりません。 それどころか、グレープシードオイルには皮膚に障害が起こっている部分を、細菌などから保護する作用があります。また、アトビー性皮膚炎などにつきもののかゆみを緩和する作用があります。おだやかな効果ではありますが、使いつづけることで、かゆみは確実に和らいでゆくでしょう。皮膚を清潔にしてからグレープシードオイルを塗ってみてください。頭皮に使う場合も、シャンプーで頭皮をきれいにしてから使います。 グレープシードオイルの保湿成分や抗酸化作用が、健康な人はもちろん、皮膚のトラブルや抜け毛、薄毛の悩みを抱える人にも効果を発揮してくれます。

美容院で大評判! 髪がどんどん生えてくる、奇跡の水「姫路の天然水」はこんな水 美容師ならみんな知っていることですが、パーマ液は強い毒性を持っています。パーマ液以外にも、カラーリング剤、シャンプー、化粧品、合成界面活性剤を含んだものは決して人体によいものではありません。 少しでも頭皮にやさしいものを使用したいと考えた私は、パーマ液を水で薄めて使うことにしました。といっても普通の水で薄めたら、パーマは思うようにはかかりません。「姫路の天然水」だからできることなのです。「姫路の天然水」は、その名のとおり、姫路でとれるとても質のよい天然水です。浸通性がよく、だからこそパーマ液も少量で効果が出るのです。 結果として私の店ではパーマ液の使用量が激減し、スタッフの手荒れも減り、排水も浄化されるという思わぬ結果が出ました。 浸通性がいいということは、体内にもその水がスムーズに入っていくことを意味します。人間の体は、約6〜7割が水でできているといわれています。体内の水分が不足すると細胞も思うように働かなくなりますから、浸通しやすい水を体に入れて、体内の水を浄化することがたいせつなのです。じつは、「姫路の天然水」を使用するようになって、お客さまから「髪が生えてきた」という声を間くようになりました。それも、とてもたくさんのかたからです。これは、「姫路の天然水」によって上質の水分が体内にとり込まれ、細胞そのものが活性化したことが理由のひとつではないかと思っています。 また、「姫路の天然水」の発毛効果の埋由のひとつに、洗浄効果があげられます。男性の脱毛の原因の大半は頭皮の環境が悪いことにあり、よく見るとたいてい汚れで毛穴が詰まっています。「姫路の天然水」はたいへん浸透しやすい水なので、毛穴に浸透し、詰まった汚れを洗い流すのに役立ちます。 漢方では髪を「血よ」といい、血の余りだと考えます。髪が不健康だとすれば、原因は元の血液にあるという考えです。私たちの体は毎日1兆個の細胞が入れかわっているといわれています。それだけの細胞が人れかわるのですから、その入れかわりが順調であれば、老化を遅くすることも可能なはずでしょう。それは髪も同じです。私は「姫路の天然水」の浸透力はその手肋けをしてくれるものだと思っています。

浸透性の高い「姫路の天然水」の効果で毛母細胞が活性化され、髪が生える! 私は以前から水に関心があり、独自に研究を重ねてきました。水を元素記号であらわすとH2Oであるということは、学校の授業で習ったことと思います。水素原子が2つと酸素が1つ。しかし、私たちの身の回りの水は、この状態で単独に存在することはありません。水の分子はほかの水の分子とくっつき合って、クラスターというかたまりを作っています。クラスターとは、ブドウの房という意味。普通の水道水では200くらいの水の分子がクラスターを形成していると考えられます。 じつは、このクラスターの大きさには意味があります。たとえば体内に入ってきた栄養素は、水にとけた状態で細胎内にとり込まれるわけですが、このときクラスターが大きな水は小さな水にくらべて細胎内に入り込むためのエネルギーがたくさん必要になります。クラスターが200などというのは殿様が人名行列で行動するようなものですが。お供の侍2〜3入のような小さなクラスターであれば、すぐにエネルギーになり、体がすぐに活性化するということです。 もうひとつは溶解の問題です。たとえば同じ砂糖をとかしたときも、砂糖の分子はクラスターの小さな水によりよくとけるため、甘みを強く感じます。「姫路の天然水」はたいへんクラスターの小さい水ではないかと思われます。水を平らなところに1滴たらすと、表面張力で丸くなります。しかし「姫路の水」はすぐに広がってしまいます。この現象からも「姫路の天然水」がクラスターの小さな水であると考えられます。「姫路の天然水」が脱毛症に効果をあげている原因として、クラスターが小さいため毛穴に浸透して汚れを落とすという働きが顕著であることかあげられます。また同時に頭皮の毛母細胞を活性化するため、発毛を助ける効果もあると考えられます。 浸通力が高く、細胞環境そのものを整える「姫路の天然水」の効果については今後の研究を期待したいと思います。

 

男性型脱毛症の治療薬通販サイトは、こちら

コメントを残す