薄毛・抜け毛を解消する2大ポイント

薄毛・抜け毛を解消する2大ポイントは毛母細胞の「血行促進」と「栄養補給」

抜け毛の直接的な原因は、頭皮の毛母細胞の働きが悪くなることです。髪の毛をつくる役目を持つ毛母細胞の働きは、加齢によって細胞自体が弱ったときや、食生活の乱れ、ストレス、頭の皮膚トラブル、生活習慣病、男性ホルモンの影響が強くあらわれたときに低下します。これが、脱毛や薄毛などの症状を引き起こします。 脱毛や薄毛を予防し、また解消するには、毛母細胞の働きを高める必要があります。そのポイントは2つあります。ひとつは髪によい栄養素をとること。もうひとつは栄養が十分に毛母細胞に行き渡るよう、頭皮の血行をよくすることです。 髪に必要な栄養素はタンパク質、ミネラル、ビタミンなどです。とくに良質のタンパク質を含む卵や大豆、亜鉛などのミネラルやビタミンが豊富な緑黄色野菜や海草、小魚などは不足しないよう、心がけて食べることが重要です。もちろん、これらの栄養素をとり入れながら、いろいろな食品をバランスよく食べることか重要であることは、言うまでもありません。 頭皮の血行をよくするには養毛剤を使ったり、頭皮をマッサージすることが効果的です。 現在市販されている養毛剤のほとんどか頭皮の良行促進を目的としているので、使用感のよいものを半年程度継続して使いつづければ、効果が期待できるでしょう。 また、肩や首のこりをほぐしたり、生活リズムを規則正しく整えることも効果的。頭皮や心身の緊張が解きほぐされ、血行がよくなります。 栄養バランスのよい食事をとり、頭皮の血行を促せば、脱毛の解消や育毛の促進は不可能ではありません。ぜひ挑戦してみましょう。 なお、皮膚炎、糖尿病、甲状腺機能の異常などが脱毛の原因となる場合もあります。このような病気がないか、チェックしておくこともたいせつです。

「頭皮のケア」はとてもシンプル。自分に合った方法を探して、いろいろ試そう
育毛の研究は、まだ途中の段階です。しかし、さまざまな民間療法で、実際に髪が生えた、円形脱毛症が治ったなどの効果があらわれていることも事実です。これは民間療法の育毛効果と、それを試すことで髪のケアや栄養に気を配るようになるためと考えられます。 まず、なぜハゲるか、ということですが、これは主に老化が原因です。老化によって毛の生産のすべてを担う「毛包幹細胞」の数が減少したり、ホルモンの体内産生が減るために毛が細くなって、しだいにハゲていく大きな原因となります。しかし、毎日のケアによって、老化を遅くすることは可能です。 フサフサした髪を保つために日常生活で気をつけたいことは、おもに次の3つです。①まずは栄養面。髪をつくるのに必要なアミノ酸をとることです。とくに合流アミノ酸は重要で、牛乳や肉などに多く合まれています。また、毛をつくるホルモンの産生は栄養状態に大きく左右されますから、バランスのとれた食事をすることは非常にたいせつです。②次に、頭皮のマッサージ。頭皮は非常に血流が多いですから、その流れをよくしてよい環境を整えてあげることで、元気な髪が生えてくるのです。少しずつでもつづけている人とそうでない人とでは、確実に差が出てくるはずです。③3つ目が頭皮の炎症を抑えること。私が実際に調べたなかでは、薄毛の人は、頭皮に軽い炎症を起こしている割合が高いようです。頭皮の環境が悪く、酸素の補給が不ト分になるために薄毛・抜け毛といったことが起こります。ですから、自分に合ったシャンプーを使って頭皮を清潔にしておくことが重要です。シャンプーを選ぶときのポイントは、髪でなく頭皮に合わせること。皮脂を適度にとってくれて、洗髪後、頭皮を指でさわってみて、「やわらかい」と感じるシャンプーで毎口軽く洗うことがベストです。 この3つのポイントと並行して、育毛効果があるといわれる民間療法も、シンプルで「肌によい」ものであれば、どんどん試していいと思います。そのなかで、自分にぴったりの方法を見つけてください。
ただ、男性用の育毛剤はエタノールの含有量が30%くらいのものが主流です。これは化粧水にしてみると、相当刺激が強い濃度。女性はアルコールに弱い人が多いので、女性が男性用の育毛剤を使用するのはやめたほうかいいのではないかと私は考えています。

高カロリー食を控えた「和食中心の食事」が抜け毛・薄毛を予防する!
元来、欧米人にくらべて、日本人はハゲが少ないのが一般的でしたが、最近は薄毛や抜け毛の悩みを持つ人がふえています。これには食生活の変化が影響していると思われます。 戦後、日本人の食生活は欧米の影響を強く受けるようになり、ハンバーガーをはじめとするファストフード、脂をふんだんに使った料理、クッキー、チョコレートといったお菓子類などが、どこの家庭の食生活にもとけ込んでいます。野菜や魚中心の和食を食べていたころの日本人にくらべると、欧米流の高カロリーな食生活を送る現代の日本には、確実に髪のトラブルに悩む人がふえているのです。 薄毛の原因の多くは、髪そのものではなく、抜けやすい頭皮環境にあります。脂肪の多い食生活をつづけていると皮脂腺が広がり、それに伴って毛穴も大きくなってきます。広口のっぽ状になった毛穴にも髪は生えてきますが、穴が広くてしっかりと根が張れないため、毛が細く、またほんの少しの刺激で簡単に抜けやすくなってしまうのです。 つまり、薄毛の進行をくい止めるための有効な手段のひとつとして、昔ながらの野菜や魚中心の和食に切りかえることがあげられるのです。 ところで、よく「育毛には黒い食べ物がよい」「微量ミネラルが薄毛を予防する」などという話を聞きますね。これらも確かに髪の育成には必要ですが、ひとつの食材さえ食べていれば髪が抜けないというものではありません。あくまでも、基本はバランスのよい和食中心の食事ということに尽きるのです。ただ、「黒いもの」や「微量ミネラル」が、現代人の食生活に不足しやすいものであることは確かでしょう。 たとえば、亜鉛。亜鉛は貝類、ナッツ類、小豆や黒豆などに含まれるミネラルで、新しい細胞をつくったり、傷を?く治す働きを助ける栄養素です。最近は、亜鉛不足による味覚障害がふえています。味覚障害に陥ると味に鈍感になり、ほかの人が食べると驚くような味つけのものを平気で食べている、といったことが起こってしまうのです。
亜鉛不足による味覚障害は.例ですが、食生活の偏りは、このようにさまざまな不調をもたらしますし、髪にも悪い影響を与えます。
健康な髪の維持にはバランスのよい食生活を送ることがたいせつです。肉や、ファストフード類はできるだけ控え、魚や野菜、貝、豆、海草類など、不足しがちな食材を積極的にとるように心がける、季節の食材をとり入れた和食にするなど、きわめて基本的な食への姿勢が、薄毛や抜け毛の悩みから抜け出す第.歩なのです。
また、遺伝的に薄毛体質を受け継いでいるかたなどは、とりわけ、一日も早い食生活の改善を心がけてください。

女性のヘアトラブルは「ホルモンバランスの乱れ」が原因。生活を見直し、適切なケアを
男性の薄毛や脱毛症などのトラブルは、食生活の乱れやストレスといった生活習慣によるものや病的なもののほかに、遺伝的な要素が大きいものです。 しかし、女性の髪のトラブルは遺伝的要素が男性ほど強くなく、ホルモンのバランスの乱れが頭皮や髪に大きな影響を与えていることが多いのです。 内見、抜け毛、薄毛といった女性の髪のトラブルは、昔は老齢の女性の悩みでしたが、最近は30代、40代から悩む人がふえています。 私は30代、40代の女性を更年期の前の段階という意味で「プレ更年期」と呼んでいます。この年代の女性は更年期ほど劇的ではないものの、少しずつホルモンバランスがくずれ始めています。このホルモンバランスのくずれか頭皮にも影響を与えて、髪が細くなったり、抜けたり、白髪になったりというトラブルが引き起こされるのです。 さらに「ストレス」「偏食」「ダイエット」「過度のヘアケア」などによって、以前にも増して30〜40代という若い時期から髪のトラブルに悩む人がふえています。最近は仕事を持つ女性も多いため、女性の体には肉体的にも精神的にもさまざまなストレスがかかっています。また、忙しさから自分で食事の準備をする余裕がなく、外食やできあいのお弁当に頼るばかりで、食生活のバランスが乱れているという人も多いことで ダイエットによる食生活の乱れも髪のトラブルの原因のひとつです。髪は毛板蔀ですごい勢いで細胞分裂を繰り返し、1日に0・4mm 1カ月で約1cmも伸びます。体のなかでそんなに早いスピードで成長する細胞はほかにはありません。ものすごいスピードで成長するということは、その分栄養も必要ということですか、ダイエットや偏食などによって栄養補給が十分に行なわれなくなると、すぐにダメージとしてあらわれてしまうのです。

さらに、30代を過ぎるとアンチエイジングを意識するようになり、「髪や頭皮にいい」といわれるいろいろな製品を使いすぎるという傾向もあります。たいせつなのは、あれもこれもとただやみくもに使うのではなく、自分に合ったものを選んで適切なケアを行なうことです。とくに年齢が上がれば上がるほど、適切なケアか必要になります。 ケアで人事なのは、シャンプーをしたら必ず毎回トリートメントをするということです。とくにプレ更年期を過ぎると頭皮の脂分の分泌が減ってきます。シャンプーをすると頭皮の脂分か失われるので、「中高年の女性は毎日シャンプーをしないほうがいい」と指導する人もいるようです。しかし、毎日洗ってもかまわないのです。ただし、洗いっぱなしにせず、育毛剤やトリートメント剤を必ず使いましょう。育毛剤は薄毛や抜け毛を予防する効果もあるので、悩み始める前から使ってもかまいません。

 

 

男性型脱毛症の治療薬通販サイトは、こちら

コメントを残す